<< Lily&Mahiro Jivamukti X'mas WS : main : ティーチャーデビュー >>
日本画展
 
先日、光が丘のクラスに参加されている生徒さんが日本画を画いているそうで、
その日本画展がちょうど池袋藝術劇場で展示されているということで行ってきました〜
それも、Nirvana の生徒さんと一緒に。。。(笑)


本当にみなさんいろんなことをされているんですね。
いろいろ才能があって羨ましいです

そしてとっても素敵なお花の絵と可愛い猫ちゃんの絵を描かれていました。
どうしても私たちは猫の前に行ってしまう(笑)


真ん中のHさんが描いたものです
この写真では猫ちゃんの顔が小さくって良く分からないですけど、
本当に猫のいい表情をとらえていて凄いな〜と感じました。
猫を愛してないとこんな風には描けないですね
絵が描けるなんて本当に羨ましい〜

実は私の父も、ずーっと油絵を描いていて二科展なんかに良く出していたんです
変な話、油絵の具の匂いの中で育ったと言っても良いくらい。。。
小さい頃(たぶん4、5歳くらいかな?)、父とものすごく大きな絵を展覧会場にに運んで行くのにくっ付いていって舞台裏を見たものでした。
写真のような絵を見て、
『お父さん、あの絵凄いね。。。写真みたいだよ〜。綺麗だね〜』
と私が言うと、
『あんなのは芸術じゃない。絵とはモノをそのまま写真みたいに書くことじゃないんだ』
と、小さな私にハッキリ言ってたのを覚えています。
それくらいの情熱をもって絵を描いていた人でした。

でも、若い絵描きの父は、有名な先生に付いて二科展などの展覧会で入賞するようなことが
嫌いな人で、一匹オオカミ的な一人で描いて入選するような人でした。
が、綺麗な絵を描くと入選をしていくことに疑問を持ち、賭けに出ました
戦争で苦しんだ人達の絵を描いたのです
残念なことにその絵は落選。
そしていろんな意味でこの芸術の世界に疑問をいだいたのでした。
今は趣味として描いています。
高校生の頃は、父とゴッホやモジリアーニなどの話をどんだけ語ったか分かりません
2人とも悲しい死に方をしてしまいますが、絵は本当に魂を揺さぶられます。
見てるだけで、心をえぐられるようです

私が音楽を愛したり、ヨガに深くのめり込んだのはきっと父の影響かな。
真実を見る。。。人生そのもも。。。

だから絵を描く人は尊敬します
表現することは素晴らしいです

素敵な絵を見れて幸せです。。。
また次回も行くのでまた教えてくださいね〜〜




- * comments(0) * trackbacks(0) * Mahiro(マヒロ)
コメント
コメントする









http://blog.mahiro.chu.jp/trackback/592
トラックバック