<< バルセロナに引き続き北海道でも鳥に餌を与える!! : main : インド神話とキルタン / Nirvana Yoga Studio >>
sadhana means “conscious spiritual practice.” 

ちょうど昨日FBの記事で、ヨガアーサナや瞑想をしている人のデーターを研究した結果、

エゴがすごく強くなっている人が多いというのがあがっていた。


ジヴァムクティヨガを9年教えていて思うけど、そのエゴを手放すということを、

Sharon&David先生はfocus of the month(月に1回のテーマが本部より与えられる。

内容はヨガスートラからだったり、ギータからだったり)で教えてくれている。
アーサナだけではなくヨガ哲学と共に学ぶことが如何に重要か!!
それが、ヨガの道から外れないでいられる最も素晴らしい方法であると私は思う。

先生達のFocus of the monthは、遠くに先生達がいても、

私たちが道からそれないでいられるようにしてくれていると思う。
そして、社会貢献の仕方やアイディアの出し方など、本当に彼らから見習うことばかりだ。
そしてヨガとは本来何か?私たちがどこに向かってるか?をブレずに教え続けてくれている。
毎回感動で魂が震える!!ヨガ、瞑想、キルタンどれも素晴らしい!!


だけど、インドから伝わった本来のヨガ、瞑想をちゃんと学ぶことが大切であるということを忘れないで欲しい。

サーダナ(修行)は、ただ体を動かす修行のことではなく、

『意識的でスピリチュアルな修練』のことを表しています!!

 

Hari Om !! ❤

 

 

 

The Sanskrit word sadhana means “conscious spiritual practice.” 
.
What distinguishes a yoga practice from a physical fitness exercise routine is the intention.

When you engage in an activity with the conscious intention for it to bring you closer to enlightenment,

then it is sadhana. 
.
Sadhana is never something you do for yourself. It is always about getting over yourself,

your separate ego self, and awakening to how you are part of a higher Divine Self.

 

 

- * comments(0) * trackbacks(0) * Mahiro(マヒロ)
コメント
コメントする









http://blog.mahiro.chu.jp/trackback/1185
トラックバック