<< カラスの人々! : main : 合宿中!! >>
2018年オーガニックライフTokyo

 

Organic Life Tokyo 2018のJivamukti
 

 

参加してくれた皆さ〜〜ん、有難うございました。

 

 

有難いことにJivamukti Classは、開催前にSOLD OUTでした。

 

 

クラスはパドミニ先生のお話から始まりました。

今回のテーマは『サットサンガ』です

 

 

sat-sangatve nissangatvam
サットサンガトヴェ ニッサンガトヴァム
nissangatve nirmohatvam
ニッサンガトヴェ ニルモハントヴァム
nirmohatve nishcala-tattvam
ニルモハントヴェ ニシュカラタットヴァム
nishcala-tattve jivanmuktih
ニシュカラタットヴェ ジヴァムクティヒ
bhaja govindam, bhaja govindam
bhaja govindam mudha-mate
バジャ ゴヴィンダム バジャ ゴヴィンダム バジャ ゴヴィンダム ムダーマテ
 

のチャンティングをしました。

 

 

良い交わり、徳の高い交友は、執着のない心をもたらしてくれる。

執着のない心からは、間違った思い込みからの自由がうまれる。

間違った思い込みから自由になれば、普遍的な本質を感じるようになる。

普遍的な本質を経験すれば、この命を生きながらの自由を得る。
I-AM(わたしはある・自我)とは海のように広大な認識・意識である。

これを実感すると「心と体を持ってはいるけれど、わたしは心と体ではない」と感じるようになる。

ゴヴィンダを実現せよ、ゴヴィンダを実現せよ、ゴヴィンダを実現せよ、心の中に。賢者なら!
From carpata-panjanka by Shri Sankaracharya. Translation by Shri Brahmananda Sarasvati
(出典:「カルパタパンジャンカ」シュリ・シャンカラチャリア著/ シュリ・ブラフマナンダ・サラスワティ英訳)

 

 

『サットサンガ』とは「真実を求める人の集まり」という意味です。

このサットサンガに集まることがどんなに大切かをPadmini先生が語ってくれています。

 

私たち3人で良くサットサンガをしています。お互いに真実を話すことで、私たちはいつも良い方向に行くことが

出来ています。それがどんなに大切なコミュニティなのか。。。

そしてアーサナ、キルタン(音のヨガ)まで続いていきます。

 

この写真は ↓  NirvanaのTT卒業生スタッフの紹介をしています

 

アーサナはPadmini先生 →Lily先生 →マヒロという流れです

 

まずはPadmini先生

安定のスタートです!!

 

 

そしてLily先生の番

Lily先生は面白いことを言って皆んなをなごませながらも、キツイポーズに入っていきます!!

 

そして私の番です!!

私は、ガッツーンとRock Songで会場を盛り上げました!!

マヒロスタイルです!!笑

 

 

そして最後はKirtanです!!

ハーモニウム担当しました!!そして3人でリードしました。

 

 

愛のキルタンでは、皆んなのバイブレーションが凄くて、

皆んなオープンハートで涙がポロポロ

 

 

今日の『サットサンガ』真実を求める人の集まりのテーマは、真実に生きるとどういう風になっていけるのか?

身をもって体験できたんじゃないでしょうか?

そして私たちは『愛に生きるということです!』

キルタンの威力は凄い!!

 

 

最後は号泣です!!

 


笑あり涙ありの、あーっと言う間の90分!!
もの凄く濃〜〜いジヴァムクティヨガだったんじゃないでしょうか??

 

 

 

そしてNirvana Yoga StudioのTT卒業生が今年もお手伝いしてくれました〜❤
皆んながどんどん育ってくれて、本当に頼もしいです。
先輩、後輩混じって輪が広がっていきますね

今回のジヴァのクラスは、そんな熱いサポーターがあってこその大成功でした。

 

今日手伝いに入ってくれるみんなとミーティング

 

本日の成功を祈って
 

 

 

ダンカン先生とYasu-papa先生も合流して

 

 

そしてNirvanaに通ってくれている生徒さんたちもたくさん来てくれて、そんな仲間たちの力添え大きかったです。

 

 

 

Lilyちゃん、Padminiちゃん

本当にいつも有難う〜

 

 

また来年もお会いしましょう!!

 

 

 

- * comments(0) * trackbacks(0) * Mahiro(マヒロ)
コメント
コメントする









http://blog.mahiro.chu.jp/trackback/1148
トラックバック