<< 2/22日は『猫の日』 : main : キルタンWS >>
瞑想WS『恐れの解剖学』

4/1(日) 16:00~19:00

瞑想WS「恐れの解剖学」

今年もサッチャデーヴァ・ダス 氏がNirvana Yoga Studioに来てくれます!!
元々、救急救命士 だったサッチャ氏。誕生、死、老い、病という様な人々の苦しみを目の当たりにし、

瞑想がいかにこのような苦しみを乗り越える助けとなるかを痛感し、瞑想の世界へ。。。
瞑想、ヨガ哲学などアメリカ、日本、中国で教え人生の真理を人々が悟れるよう手助けをしています。


前回、私もこの瞑想WSに参加したけど、瞑想で得られる沢山の学びをいただきました!!

そして瞑想の時間をとることがいかに大事か!!
多くの人に瞑想が何故良いのか?を理解してもらい、日々の生活に瞑想を入れてもらいたいな〜って思います。
この日はプラサード(お食事)もでますよ〜!!
皆さん是非お待ちしています!!

 

 

 

救急救命士の経験から瞑想が苦しみを乗り越える助けになるかを痛感したことから
世界各国で瞑想のWSをおこなっているサッチャさんによるレクチャーです。
サッチャー先生の瞑想WSシリーズ

「怒りの解剖学」に続く第2弾

「なぜ血糖値が下がると人間関係が悪くなるのか?」

今回は生理学と人間関係の深いつながりについて紐解き、更に実践的な瞑想ワークで身体と心の絡れを解き放っていく
3step of Mindfulness を伝授していただきます。。 お楽しみに!

料金:3,800円(税別)

 

プラサード(お食事)が付きます。食器類(お皿、お箸、コップなど)は必ずご持参ください。

 

 

講師プロフィール

●サッチャデーヴァ・ダス 
目覚めの手放し法、ヨガとマントラ瞑想を41年間修練している。
“バガヴァッド・ギータ”やバーガヴァタ・プラナ、マントラ瞑想を、
カリフォルニア、ハワイ、 中国、日本で教えている。 
・セドナ療法レベル2コーチ セドナ療法を使い個人的にコーチングをし、
持ちたくない考えや感情を今の瞬間に手放すサポートを行う。 
・救急救命士 1986年から2006年まで救急救命士および消防士として働き、
誕生、死、老い、病という様な人々の苦しみを目の当たりにし、
瞑想がいかにこのような苦しみを乗り越える助けとなるかということを痛感。
2006年にサンフランシスコ消防署を退職したあと
目覚めの手放し法のワークショップをしたり瞑想やヨガの哲学を
アメリカ、日本、中国で教え人生の真理を人々が悟れるよう手助けをしている。

 

 

お申し込みは・お問い合わせはメールフォームから

 

- * comments(0) * trackbacks(0) * Mahiro(マヒロ)
コメント
コメントする









http://blog.mahiro.chu.jp/trackback/1122
トラックバック